counter

伊集院光・深夜の馬鹿力

日米野球の話は結局しなくて、プロ野球の新球団設立の話題で、合併する球団がどの選手を残すか選ぶ「プロテクト選手」の話が出て、上位から25人だかを指名するらしい。そういう話をマネージャーとしてたら、じゃあホリプロだったら俺はプロテクトに入るかどうか?という例えになって、マネージャーから「微妙ですね〜」と言われたのでショックだったとか(笑)それならとシュミレーションして、1番はもちろん和田アキ子として、優香とフカキョンが続いて…とやりだして、これは俺が入らないと焦っていた(笑)鈴木ヒロミツさんと一緒に独立しようか、もしくはプライムワン人力舎に入るほうがいいかと話してたのが面白かった。当然わざと面白く話してると思うけど、よほど気になってるのか、コーナーに入ってウソチクのタイトルコールが終わってもまだプロテクトの話を続けて、コーナーに行けずにまたCM挟んでた。しかし、プロ野球と違ってタレントはそれぞれ特性が違うので、本当はそんなに深刻な問題じゃないだろう。伊集院はTBSラジオでは一番だと思うので。ワタナベとホリプロが合併したら「ナベホリプロ」って名前が笑った。お笑い若手では江戸むらとスピワが強いと話してたのも嬉しい。「江戸むらさき面白いよ〜」と関心していた。ホリもお気に入りみたいで何回か出してた。
マイクロソフトから頼まれて、XBOXのゲーム「ヘイロ−2」をプレイしに来て欲しいという話をもらったそうで、行って来たとか。頼まれた例えを「ビルゲイツがメガネを涙でびしょびしょにして…」と言ってたのがヒットだ(笑)それで、マイクロソフトに行ってゲームをプレイするのに、せっかくだから対戦で16人同時にやりたいと申し出て、会議室に16台設置してもらい、若手芸人達を呼んでグループ対戦をしたそうだ。伊集院側はラジオのスタッフとアンタッチャブルと田代32他で、対戦相手のほうに5番6番がいたそうな。かなり強いみたいで、伊集院チームは負けてばっかりだったとか。ゲームは相手の陣地にある旗を取ってくるルールなのだが、負けて死んだプレイヤーは脱いで横たわることになって(笑)山崎のケツの穴を横にしてゲームをやってたそうだ。久々に話題に出たとおもったらこれだ(笑)「M-1で勝ってるのに」と言われてた。

広告を非表示にする