counter

バンドブーム映画が2010年公開

気になる情報見かけました。
webザテレビジョン: エンターテインメントニュース

同作は'90年代を背景に、空前の“バンドブーム”の渦中にいた若者たちの光と影を映し出す青春ムービー。高杉ナツ(赤西)率いる“LANDS(ランズ)”はデビューを夢見ながら東京でライブ活動を繰り返していた。存在感のあるボーカルのナツと天才的な音楽センスのあるユキヤのおかげで、メジャーデビューへの切符を手にする。物語は、あるきっかけから“LANDS(ランズ)”にかかわっていく、1人の女子高生の目を通して描かれていく。

1本の小説からこの映画を企画し、脚本を手掛けた岩井は「小説を読んで、『あ、これ映画にしたら面白い』そう思ってから、自らシナリオを執筆するほどにこの作品にのめり込みました。

この小説はリンダリンダラバーソールではないwww
調べてみたら、元になってるラジオドラマがあるみたい。

東宝のサイトの紹介ページ。
東宝WEB SITE
私の大好きなバンドブーム映画「アイデン&ティティ」と比べてどうなるのか?オーケンの感想は?(笑)注目したい。

広告を非表示にする