counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポスターとPOP値札作りのせいでまた首と肩が痛い(T-T)このまま4日突入はしんどいなー。
POP値札とお品書きネットプリントしにいって帰って来たら、重大な間違いに気づいてやり直し。なんで出すまで気づかなかった!1枚100円かかるっつーのに。
今日はプリキュアオンリーがあるらしくって、ちょろっとTL流れてきたお品書きや告知を参考に見てみる。
昨日帰り遅かったから、家事もしわ寄せしてたし土日は洗濯物多いし、衣替えもしなきゃだしやることいっぱい。
3日は仕事からのライブだし、あと準備にかけられるのは2日しかない。荷物出してまとめて、スペースのレイアウト考えてやること整理してかないと。
どんな結果になるにせよ、行かない選択肢だけはない。体調整えて早朝に出ればいい。もう評価や予約数は見ないで行く。これで最後のつもりで。
5月で終わりにしようと2月のオンリーのときには決めてて本作りだしたけど、いわゆる脱稿したときにまさかの2期決定で、それで浮かれてしまった。希望がまだあると思ってしまった。まだちょっとは思ってるけど、そのあとサンプル公開したあとの評価の少なさで、もう無理なんだろうなと思った。でも、2期が決まらなかったらやめるつもりだったけど、決まったから辞めるのは決めずに、どっちでもいいと、区切りをつけてしばらく離れて、同人の評価とか交流に失敗したから、自分には合わなかったと思って、だけど妄想とか話を考えて書いて、本作りするのは好きでやりたいと思う。いっぱいじゃないけど見てくれた人がいたから、それだけを少し希望を持って、自分がもっと楽しめるようにしたい。

ライブ通いだって同人だって人間関係はつきものであるが、同人がやっかいだなと思ったのはジャンル対象に対しての同人作家がいることで、バンドのファンだったら対象に対してファンなのは優劣がない、基本として。だけど同人だと作家が作品を作ってるから人気とか売れた部数とかで優劣がついてしまう。そこに人間関係が入るから厄介なんだ。売買するからお金もからむし。
重要にしてるポイントは人それぞれだろうし、ちやほやされたいとか、仲間とワイワイ仲良くしたいとか、極端になりすぎるとおかしくなる。仲良しがいっぱい増えればいいのかっていうと、それだけじゃないと思う。人が増えればそれだけ人間関係こじれがち。
だけど、ぼっちなのはみじめかもしれない。下手くそでぼっちで、見下されてるかもしれない。でも人間関係こじれて裏で悪口言われるとかストーカーとか嫌がらせされるだの発生するくらいなら、そんな交流したくない。
というのは、今回のお悩み相談を読んで思った。
いろいろ返信/手紙の書き方・「作品で殴る」というような表現が苦手 他 - ウタチャンホムペ

昨日のメトロノームライブの生中継がアーカイブで見れるっていうので、用事しながら見る。楽しかったなー!本編後半ちょい進んだところまでだった。
こうしてすぐ見れるっていうのはすごいことだよね。

広告を非表示にする