counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の初めは同人誌作るなんて微塵も考えていなかった。松にははまってたけどそこまで行くとは。

書き出したのは5月くらいで、本にしようとしたのはその一ヶ月後くらいから。カラおそオンリーが来年2月に開催決定したので、それにあわせて次作を考え出した。8月に最初の本を出してから、12月に次の長男オンリーがあると知ったので前倒しして12月発行にした。
kingshowchan.hatenablog.com
そんな10数年振りに同人誌作って人気ジャンルに参入するのは難しかった。前のジャンルはマイナーでアニメじゃなかったし。
人気ジャンルはこういうものだったという昔の記憶は80年代バブル期の思い出で(笑)それに影響をよくも悪くも受けてしまって、アニメとか筋少の本作って(黒歴史1)

社会人になってから同期とスラダンのオールキャラ本だったのかな?作った記憶はあるんだけど、その後どうなったかイベントに出たのかどうか売れたのかどうかもさっぱり記憶にない。自分で表紙作って印刷所からここの裁ち落としどうしますか?って連絡きたような記憶はあるんだが。自分のカプは海南の神信だ。もしかしたらシティには出たのかもしれない。
その後が2001年くらいの前ジャンルで、サイト作ってネットから交流してオンリーも1回あった。企業主催じゃなくて個人主催だったんだが、ほとんど記憶にない。大田区だったかな?
まだアナログで漫画作ってた。サンライズ使った記憶。ジャンル崩壊で終了(黒歴史2)

筋少のレポ評論本作ったのは2003年で、その時はWordでPDFにして入稿した。そのあとにAdobeインデザが出て仕事で使ってて、出産して数年後に挫折して仕事やめて、DTPエキスパートの資格も放棄して、もうDTPなんて2度とやんないって思ったのだが、まさか同人誌作るために個人で買うとは。これが年間価格だから買えたものの、昔はなかったから個人でなんて買えない価格だった。インデザ組版の知識があったので、数年振りに触ってみて手探りで思い出して、イラレフォトショップで表紙作ってPDF入稿の記憶も掘り起こしたから、限られた時間でそれなりにできた。アプリの力と印刷所のおかげでそれなりに形になってできあがった。

しかし小説だけの本で長編は初めての経験で、BL小説をいっぱい読んでるわけでもないし技術も文章力もない。BL妄想だけでつっぱしってできたみたいなものだ。そしておそらく評価はジャンルではとても低いのがつらいが、それが現実で結果なのだ。それでも読んでくれた人がいるので、有難い幸せなことです。
そんなんで作る時間も限られてるし、2月のオンリーや春コミも出るけど間に合わないから次は5月あわせで、また書きたい話を考えはじめた。自分の妄想にこれで決着を付けるんだ。


オーケンは今年もオカルト紅白だー。
プロレス見に行ってたそうですね。

おいちゃんはFBで今年最後のご挨拶。写真いっぱいだ。


石井さんが実家で有頂天発掘してたらしい(笑)私もこれ全部持ってるー!
有頂天とGOAT対バンしないかな。もちろんカリガリでもいいです。ゲバルトとか写楽くんとかあのへんと関連してるし何かあってください。
来年最初のライブは有頂天2ステだー!ヽ(*´∀`)/

広告を非表示にする