counter

AERA別冊女性誌「働く女は、美しい」人気企業の管理職かそうでないか


人気企業61社で働く女性達という大見出しです。今年のAERA記事からまとめで、編集後記では100社以上にあたって断られたところも多かったそうだ。
女性管理職向けの雑誌って前に出てた気がしたが、どこいった?日経だったっけ?
格差社会というけれど、外国と比べたら日本はそうでもないかもしれない。しかし格差だ。人気企業とそうでない企業の人事制度の差は、絶望したw
そりゃ、結婚してすぐ人気企業に転職した先輩の気持ちもわからんでもないよ…。こんな会社じゃ出産できんと。
時短なんか子供が1歳までしかなかった。でも私はがんばってやってるよ。
それでも、結婚したら出産したら辞めざるをえない企業がたくさんある。そこをまた記事にして欲しいと思うですよ…。
本では、ランクの高い大卒で人気企業に入り、管理職になり、子供が3人いて、家事やシッターを外注して、とかまたは、料理人の資格を取ったとか、部屋がピカピカだとか、身につけてるものは高級ブランド品だとか。そういうスーパー働くママさんが出ている。
とうてい追いつけない。給料はきっとすごい差なんだろうね。それは努力不足かもしれないし、頭のできが悪かったからかもしれない。
ただ私が選択した仕事には、まだ何かやりたいことがあるはずだと思うからやっている。先がないのをどう作っていくか。いつかこの閉塞感から何か抜ける道や手があると思って、子供ひとり大事にして働いていくよ。

広告を非表示にする