counter

伊集院光・深夜の馬鹿力

1週間後、やっとフィリピンパブに行けたのね。構成の渡辺君、田代32と3人で「冒険!CHEERS!!」に例えて、初めてのことにチャレンジする子供気分で話すのが面白い。もう伊集院の話でその様子が脳裏にくっきり浮かぶのがすごい。渡辺君の綿密な調査の結果、竹の塚のフィリピンパブがいいらしいとのことで、また探検に向かう“冒険!CHEERS!!”3人組。でも被害妄想気質の伊集院は、ぼったくりに当たらないかと気にして、2Fにある店は出にくいからやめようとか、店の名前が怪しいとかかんぐってなかなか決まらない。それで伊集院はベースキャンプとしてファミレスに入り、渡辺君を偵察に出すがそれでも決まらず、もう帰ろうかと思ったら、目の前に店を見かけて値段も分かりやすく書いてあったので、入ろうということになった。店に入るとフィリピンパブのホステスが全員揃って出迎えて、後ろに店員のドラマチック貞*1みたいなうさんくさい男がいて、客が1人も入ってないことに気づき、びびった伊集院が引き返そうとするが、渡辺君と田代はどんどん入ってしまい、奥の席に座るや早くもホステスの手を握ってるという(笑)伊集院の隣についたホステスは、伊集院が名付けて「どん底」という(笑)人気がないらしく、ビザが切れて国に帰ったらもう呼ばれないだろうと話してて、伊集院が「そんなことないでしょー」と何故か気を使うはめに。たまには休んで遊んだらと?話しても、半キレでお金がないとぐちられる。さめてる伊集院をよそに、上機嫌な他2人はノリノリになり、渡辺君が調子に乗って「俺たちはコメディアンだ」と言い出して、ホステスに何か面白いことできるはずだと言われて、追い込まれた伊集院が仕方なくエロネタの小話をするが、意味が通じずポカンとされてしまう。それでいちいち解説すると、やっと通じて笑ってくれたが、他のホステスにもいちいち小話をして解説させられるはめに。渡辺君はすっかり楽しんでカラオケでデュエット歌ったり、ホステスにジュース出したりして、それを見て伊集院はぼったくられるとビクビクしてたら、結局会計は3人あわせても2万円くらいだったそうだ(笑)後から常連らしい、いかにもオヤジが「しけてんじゃないー」と言いながら入ってきたそうな。
店を出たあと「楽しかったね」という話になり、たぶん渡辺君ははまるだろうとのこと(笑)伊集院がホステスに「今お金が好きなだけあったら何が欲しい?」と聞くと「部屋のテレビに付けるアンテナ」と言ったそうで(笑)キャバ嬢や高級クラブのホステスがよく客にマンション買ってもらったとかいうのと同じように、手頃な価格でフィリピンパブのホステスにアンテナを買ってあげて喜ばれるだろうからという訳で。渡辺君が真剣な顔で「つきあったりしたらどうします?」と相談してきたらしく(笑)こうしてはまってくのかねー。次はぜひスナックに行きたいそうで、また冒険談が聞けそうだ。

*1:プライムワン所属。そういえば、きくりんと一緒に今マツキヨのCMに出てないか?

広告を非表示にする