counter

リチャードホール(04年10月20日)

タイトル変更しての1回目。通算1周年おめでとうございます。コント好きの為のコント番組として続いて欲しいですね。支配人のキャラがテレビ誌の予告ではCGだった筈なのだが、始まってみたら村上のコスプレになってた(笑)これはこれで可愛いのでOKだけど。オープニングCGも全然変わりなく始まってほっとした。
◎プロレス情報バラエティ「王様のプランチャー」◎「スピーチ離婚」下衆ヤバ夫の祝辞◎タイガース私設応援団団長 枚方はん◎くりぃむしちゅーの弟子 栗井ムネ男
「王様のプランチャー」CGもロゴもスタジオセットも凝ってて面白い。TBSの番組なのに(笑)有田の高田モノマネが充分に生かしたコントだね。大島のアジャがはまりすぎ(笑)最後に次のコントへ繋げるセリフを言うところは、新しい試みのようでこれからシリーズになるとどうなるかも楽しみだ。
下衆ヤバ夫」シリーズは2回目で、今回は披露宴のスピーチに呼ばれて喋る。こんな人が友達なんて嫌だ(笑)タイトルでしかなかったが、離婚したというオチなのだね。最後とぎれちゃった感じだったが、エンディングで未公開シーンとして続きを流していた。繋げてもよかったのにな。
礼二の「枚方はん」も前回に続いて2回目。ストーリーが繋がってて今度はお葬式の場面に。本当にモデルがいる人なのかな(笑)「通路歩け」と怒るところがリアルっぽくてすごい。カンペに「かっとばせー」と書いてあるのが面白い。わかってるようで、礼二がカンペで押してみんなを吹き出させてた。
最後はすっかりおなじみ「栗井ムネ男」シリーズ。有田のフライデーネタも取り入れて(笑)「馬鹿力」で田代の話聞いたばかりだし、こんな感じで有田は怒ってるんだなーと考えてた。そして上田はどのコントでも吹き出しすぎです(笑)

広告を非表示にする