counter

新生人間椅子平成拾六年巡業〜三悪道中膝栗毛〜

10/17(日)O-EAST
ドラムがメンバーチェンジして初のツアーで初の東京単独ライブでした。前のドラマー後藤さんが全然喋らない人だったのが、今度の新しいドラマーのノブさんはすごいハイテンションで喋るので、ギャップがすごくて可笑しい。それにひきずられて和嶋さんも序盤からテンション上げて、途中でぜーぜー息切らせてしまってた(笑)ノブさんは以前は解散したドミンゴスのドラマーで、パフィーのバックでやってた時もあったそうな。いつも同じ感じで他人に合わせることが出来ない性格なので、パフィーのファンから「目立ってる」と叱られたそうだ(笑)後藤さんとはタイプが違うドラマーなので、今までの曲はどうだろう?と思ってたけど、ツーバスは人間椅子で初めてだったそうだが、そんな心配は関係なく、そこはベテランの技術で全く不安にさせなかったのはさすが。
動員が前より増えてるみたいで嬉しかった。ノブさんのファンも来てたそうで、鈴木さんが「中盤のヘヴィーな曲の連続に耐えられたら、あなたももう人間椅子ファンです」と言ってたのが可笑しかった。ついてきてくれただろうか?重たい曲あってこその人間椅子だからねー。
鈴木さんの頭がなんと長髪から一気に丸坊主になっててびっくりした。最初はかぶり物かと思ったよ。和嶋さんが、最初に知り合った中学生の頃は2人とも坊主だったから、その頃の「スズケン」を思い出すよねと言ってほんわかした思い出話も。元々別の中学だったが、共通の友人を通じて「ロックマニアのスズケンという子がいる」と聞いて、和嶋さんがKISSの2枚目のアルバムを借りに雪振る中鈴木宅をおとずれたそうな。
そんな鈴木さんは現在、ノブさんにサバスの2枚目を貸して調教中らしい(笑)

広告を非表示にする