counter

昨日の感想

恒例になった抜き打ち試験レギュラーメンバ−版の「年末ジャンボバカ決定」と、草なぎ君ゲストの「数取團」、雨上がりゲストの「恋のかま騒ぎ」の3本立て。
試験企画は昼の総集編でもチェックしたけど、年1回で3年目だったのね。濱口の「hamaguche」と「三角すい」誕生の瞬間を再確認して楽しんだ。3回目になる今回までの間に、濱口の「桐堂大学」受験どっきり企画を挟んでいたので、受験勉強をしてきたことから、最下位を脱出できるかどうかが見所だったろう。有田が出るのも楽しみにしてたのに、冒頭の放送事故のせいで登場シーンがまるまるカットされちゃたじゃん。がっかり。毎回1位の光浦に迫れるんじゃないかと期待してた。有田がピンでバラエティに出ると、だいたい中くらいの位置になってる。やっぱりコンビで出たほうが笑えるけど、ここではそういうポジションを求められてるんだろうな。この試験企画ではボケなしだから、試験の間違いを岡村がつっこんで笑わせるというパターンだ。だから濱口と山本の間違い方が際立って面白いという。今回の目玉になったのは英作文で「平和を願う」を濱口が「I was pesu」で山本が「peese I am peese oh my god」と書いたところから、岡村が歌にしてちゃかしたのだった。あと数学で反比例のグラフを間違った矢部に「完全なるつっこみノイローゼです」と岡村がつっこんだのも面白かった。
それで結局順位は光浦が1位、石田純一が英語の100点が利いて2位で、有田がほぼまんべんなく点を取って3位、加藤が健闘して4位で、千野アナが5位という。岡村も事前にやった平均が80点だったので、加藤と同じくらいだろう。それで最下位はまた濱口。山本と2点差だった。理科では良い点数なのに数学と英語が致命的なんだね。やはり英語の解答が笑った。序数で1〜5を書くところを野球のベースにして4番目をホームにして、5をendにしてしまった。その間違いならわざとボケたのかもしれないけど、ファーストからサードのスペルも間違ってるのは天然だろうなと(笑)それで最後に有野が、濱口が学生時代にすべりどめにした大学に落ちた話をして和ませて、「愛されるバカ」とナレーションが入りエンディングを迎えたのは、めちゃイケで中心になってるんだろうなと思った。
恋のかま騒ぎ」ではホトちゃんが「ホトミ」キャラそのままで登場してた。宮迫は「ワンナイ」の女装キャラとはまた違ってもうちょっとナチュラル風に。加藤の並びも美人顔でいいね(笑)今回は、コンビ同士がお笑い以外の仕事について話すという流れになって、それぞれの思惑が見られて面白かった。宮迫は元々俳優志望だしね。ホトちゃんが宮迫のドロップキックで豪快にふっとばされたり突然一発ギャグを入れて「何か一つ残していきたいの」と言うところも好きだ(笑)それでオチはやっぱりFUJIWARAだ。根性キャラで来年はもっと活躍するかな。

広告を非表示にする